「2013年06月」の記事

スポンサーサイト

--/--/--                    

No image

ポルシェティーガー 製作中2

2013/06/24         

側面装甲板の先端部のパテ埋めした窪みを、ヤスリで均しました。車体上下を仮組みしてみると、側面装甲板の先端部の厚みが上下で違っています。ここは本来一枚の板で同じ厚みのはずなので、薄い方の下部装甲板に0.5mmのプラ板を接着して乾燥後に整形しました。上部の装甲板内側にも大きな窪みがあるので、パテ埋めしました。写真は左側ですが、右も同様です。...

九七式中戦車 製作中7

2013/06/16         

全体に艶消しクリアーを吹いた後、キャタピラや転輪等の足回りと車体下部にグンゼのウェザリングパステルをタミヤのアクリル溶剤で溶いた「埃色」2色を塗りました。キャタピラの接地面や起動輪の擦れる部分を、3B鉛筆で塗りました。他にも装備品や取っ手等にも塗りました。艶消しクリアーを吹くことで、黄色帯のムラが目立たなくなりました。これなら黄色帯は筆塗りでも良さそうです。また、デカールも気泡等による白化が無く私...

九七式中戦車 製作中6

2013/06/10         

デカールを貼る前に、余白のテカリを防ぐ為にクリアー塗装をしました。一般的に戦車の塗装色は艶消しが多いのですが、艶消しの仕組みは言うと表面を細かな凸凹にして光を乱反射させています。ところがこの凸凹があると、デカール貼った時塗装面の層の間の空気が抜けにくく残った空気層が白濁やテカリの原因となります。そこでクリアー塗装する事で表面の凸凹を滑らかにするわけです。と、能書きを垂れた割に表面の凸凹が消えてませ...

ポルシェティーガー 製作中1

2013/06/03         

キット概要名称  :フェルディナント・タイガースケール:1/35メーカー:イタレリKIT No :278惜しい点及び対策往年の名作 エレファントに新規パーツを追加してタイガーⅠの競争試作で敗れたタイプに仕立てていますが、新規パーツはオリジナルより20~30年新しいにもかかわらず、ツライ出来です。→ 他のキットから流用できないかな。キャタピラは本来別物ですが、エレファントの使い回しです。→ すっぱりあきらめます。合い...

九七式中戦車 製作中5

2013/06/02         

キャタピラ塗装&取付しました。やはりキャタピラを履かせると戦車らしくなりますなぁ。タミヤエナメルでスミ入れしました。最初艶消しブラックでやりかけましたが、ちょっとどぎつい感じなのでスリット以外は、ブラウンを混ぜたダークブラウンに変更。今回、スポンジチッピングを初トライしてみました。いままで筆や爪楊枝でちまちまやっていたので効率UPしましたが、着き具合が呑み込めずちょっとやりすぎた感じです。今日で完成...

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。